フォトレタッチ済み

大きく写真を撮りたいときは、自分が近づくのが一番きれいに撮影できます。 しかし風景を撮影する場合や運動会で子供達の演技を撮影するなど物理的に近くに寄って撮影できないことが。 その様な場合には望遠レンズを持っていると素晴らしい写真を撮ることができます。

望遠レンズは標準レンズの次に用意したいレンズです。

 特に子供を撮りたいときは望遠レンズがあると良い写真がとれます。 運動会などで子供が頑張っている表情、公園や海で子供達がはしゃいでいる様子など、子供の達の表情は素晴らしいものがあります。 個人的には無邪気な写真はどの写真に勝と思っています。 そんなわけで子供の写真を載せたいのですが、最近は肖像権、個人情報の関係でとても難しいです。 しかたなく今回は猫ちゃんで紹介です。

まずは標準のレンズで撮って見ます。

標準レンズCanon FES25mmで撮影 Canon EFS-18-55mm(Canonが一番最初に発売したEOS Kiss Nの標準レンズです。)まず24mmで普通に撮影しました。 これではどこに猫がいるか見つけにくいです。 もし運動会などの撮影ですと演技全体になってしまいます。全体を撮る写真も必要ですが、やはり子供が大きく写っている写真も撮りたいものです。 何と行っても主役は自分の子供ですから

標準で近づける55mmまで寄って見ました。

標準レンズですが55mm
標準レンズですが55mmまで寄ることが出来ます。 少し大きくなりました。(Canon FES50mmで撮影) しかし子供の動き表情を撮りるには大きさが足りません。もっと大きく躍動感のある動きを撮影したいです。

300mmの望遠レンズで撮影します

望遠レンズ200mm今回使用した望遠レンズはTAMRONのAF XR 28mm-300mmです。望遠レンズも様々な種類があります。200mm 300m 500mm など用途に合わせて様々なものがあります。 一般的にmmの数が大きいほど拡大出来ます。その分レンズも大きく長くなります。また一般的にレンズが暗くなります。 明るいレンズで拡大率の高いレンズは大きくて高価な物が多いです。 TAMRONのAF XR 28mm-300mmの特徴は何よりも300mmにしては小型で持ち歩くのに邪魔になりません。近くから遠くまでカバーするのでとても便利です。 また好みの問題ですが「運動会などでいかにも望遠で撮影しています」という雰囲気を出さないですむ、普通使いのレンズです。早速200mmまで寄って見ました。先ほどよりは表情もわかるようになりました。

次に300mmです

望遠レンズ300mm表情や動きが手に取るようにわかります。 手ぶれが大きくなるのでなるべく速いシャッタースピードで撮影するのが良いでしょう。 あるいは三脚を用意すると良いです。 晴れた日の運動会の子供の活動している写真は最高だと思います。

望遠レンズの別の効果として

運動会望遠レンズで少し離れたところから人物や対象物を撮影すると素晴らしい写真がとれます。 F値をなるべく小さくして(絞りを空けて)撮影すると、背景がぼけて良い感じで撮影できます。 遠くから撮影するので手ぶれがないように固定するか、三脚を用意します。 望遠レンズで人物写真を撮影すると、写真の腕が上がった気分になります。 望遠レンズを購入したことでて写真の趣味に入る人(はまる人)は結構多いようです。

渾身の一枚はフォトレタッチで整える

フォトレタッチ済み良い写真がとれたときは嬉しい物です。その様な写真は飾っておきたいです。 人物写真であれば最後にレタッチソフトで色味を整えると、さらに美しくなります。 フォトレタッチはデジタル写真の醍醐味です。 写真の構図を考えて切り取り最後に色味の調整で見違えるような写真になります。 昔のフイルム写真と違い現在のデジタル写真ではとって終わりではなくその後の調整の楽しみも増えました。

 望遠レンズはを使うとどうしても曇りや、室内の写真で光の量が足りなくなってきます。運動会など外で光量の十分な所では良いのですが、合唱大会など体育館の中では光量が足りなくなるので補うために明るいいレンズが必要になります。室内写真はCanonのF2.8 EF70-200mmなどのF値の小さい(明るいレンズ)で撮影するようになりました。この様にどうしても望遠レンズで撮影したくなり、望遠レンズの魅力に取り憑かれることになった人も多いようです。

出張動画撮影・編集・DVD作成

演奏会・発表会・講演会の出張動画撮影・DVD作成 店舗用・事業所・商品の紹介動画等作成します。 

出張ビデオ撮影,編集,DVD作成

演奏会や発表会を撮影して欲しい、編集してタイトルメニューを付けてほしい、DVDを作成して欲しい、セミナーの様子を撮影して編集して欲しい商品や会社の紹介動画を作成して欲しい。自分たちで撮影した動画を編集して欲しい、写真からスライドショーを作成して欲しい。動画撮影のあらゆるご希望にお答えします。またご自身で動画編集したい,動画編集を学びたいもサポートします。ビデオ機材もレンタルいたします。お問合せください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事