パソコンとタブレット

最近はパソコンを持たないで、タブレット端末をパソコンの代わりに使う人が多いようです。

携帯電話だけで十分な場合があります。
パソコンが仕事で使われだしたころは仕事用のパソコンを自腹で買う人もいました。
自宅と会社の間でUSBメモリーを媒体としてデーターを持ち運びしていた時期もありました。
現在はどの会社も私物パソコンを仕事で遣うのは禁止されているところが多いようです。
セキュリティの面から当然の流れです。

ところが写真の編集や写真を編集してスライドショーを作ろうとしたり、ビデオの編集をしようとするとやや力不足の面が出てきます。
特にビデオ編集はある程度のパソコンのパワーが必要です。メモリーや速度の遅いパソコンでの動画編集はフリーズの原因にもなりまねません。
タブレット

実はビデオ編集に向いている高性能なパソコンはゲーム用のパソコンです

DesktopPC ゲーム用のパソコンは3D動画を扱うので、高性能な物が求められます。グラフィックの性能が格段に良いからです。
ゲーム用のパソコンで画像編集、動画編集をすると動作速度の遅いパソコンに戻れなくなります。
やはり技術の進歩はいつでも楽しみからくるようです。
この様な性能の高いパソコンは少しパソコンの部品の知識を必要とします。CPUの速度メモリー容量、グラフィック性能等です。
ある程度の金額にもなるので、自分で調べるか、どなたかパソコンの知識の詳しい人に聞くのも良いかも知れません。
desktopPC

技術の進歩はやはりゲームやエンターテイメントから必要に迫られて進歩するものですね。

高性能オリジナルPCの製作・相談はyawata企画までお問い合わせ下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事