個人・店舗・事業所などのチラシや看板を作りたい

チラシやパンフレットの印刷物をパソコンで作りたい

店舗や事業所ではチラシ、パンフレット、ポスターなどの印刷物を作る必要が出てきます。
チラシやポスターの専門のデザイナーさんや印刷原稿にに詳しい方がいればもちろん大丈夫ですが。 その様な知識のある方がいないことがほとんどではないでしょうか。

人数や費用の関係で自前で原稿を作り印刷だけ印刷業者に頼むなどしたいと考える場合もあると思います。 個人で印刷物を出す機会はそれほど多くはありませんが、時には会報やチラシを印刷する必要な時があります。 「PTAの会報」「サークルの会報」「募集チラシ」などです。 プリンターで印刷するには枚数が多すぎる時があります。またある程度の枚数になった時は印刷屋さんに頼んだ方が経済的である場合もあります。様々なデーターが電子化される中で 現在では自分たちで原稿を作って印刷会社で印刷を行うことが可能になってきました。

印刷依頼

以前は印刷の版下を作る作業は専門の業者出ないと出来ないことが多かったです。また校正して等手間も時間も費用もそれないなりにかかりました。現在はパソコンを使って自分たちで作ったものをそのまま印刷できるようになりました。 活字を使った文章が当たり前のようにできるようになりました。原稿の校正までして完全原稿としてお願いすれば費用も安くなります。しかし多くの印刷屋さんはWordやExcelで作った原稿はそのままでは受け付けてくれない所があります。

その原因の一つがフォントの問題です。 WordやExcelでせっかく見栄え良く作っても印刷屋さんとちがうフォントちがうプリンターの設定だとレイアウトが変わってしまうことがあるからです。 もう一つが色味の問題です。これは難しいのですが、見ているモニター、家庭のプリンター、印刷屋さんで出来上がった色味、すべてちがってきます。この色味を揃えることはとても大変です。 この解消方法として2つの方法があります。

印刷依頼

PDFファイルに変換して印刷屋さんに入稿します。

PDFファイルという形式はフォント情報、色情報を組み込んで表示できる方法です。文章の中に様々な情報が組み込まれているので、環境の違うパソコンやタブレットで見ても同じように表示できます。この利点を生かして印刷物でも依頼原稿と同じように印刷することができます。印刷屋さんの中にはPDFに変換するソフトの指定があることがあります。それくらい原稿と仕上がりを一致させる事は難しいです。

PDFロゴ



Illustratorで作ってフォントを埋め込んで印刷屋さんに入稿します。

Adobe Illustrator(イラストレイター)というソフトは印刷業界では標準のソフトウエアとなっています。フォントや色指定が崩れません。

またチラシやパンフレットをデザインするのに非常に強力な機能を持っています。

使い方はわかりやすく簡単にいろいろなことができます。しかし機能はたくさんありほとんどのデザイナーの要求作り手の要望をかなえられます。以前はプロ用ソフトという位置づけで高額でした。購入に躊躇したのですが、現在は買い取りではではなく月単位の使用料で使えます。これは必要な時に使えるのでありがたいです。今回だけの講演会・発表会の冊子を作るために、1回だけの使用のために買い取るのではなく月単位に使用料を払い方式です。冊子を作り終えたらもうIllustratorの契約を止めることが出来ます。

イラストレイター図

使い方の講習を受ければ基本的なことはできます。最終的に色味を番号で指定することができます、印刷屋さんの色見本と一致させる事が出来ます。文字はアウトラインフォントにして書きだすので、こちらも形がずれません。また色味も パソコンの画面色味RGBではなくインクの色味CMYKで指定できます。
Illustratorの使い方は少し慣れればできますが、初めて行うのは少し知識がいります。どなたかに教わるのが一番能率が良いのではないでしょうか。

チラシやパンフレットのデザインと合わせて看板を作る

昔は看板はペンキ屋さんが作りましたが、現在はデジタルデーターで作る事が出来ます。
看板の下地に直接カラー印刷することで出版と同じように色味やデザインを受け継ぐことができます。こちらもIllustratorで作っておけば流用することができます。

看板見本

Illustratorでお店のロゴを作る、パンフレットを作る、チラシを作る、看板を作る などの統一したデーターを作ることができますllustratorの使い方を知ることが自前での印刷の基本となります。

Illustratorの使い方、印刷物のレイアウト 看板の相談はデジタル器機に総合的に対応できるヤワタ企画までお問い合わせ下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事