画像編集・ビデオ編集のしかた

デジタルカメラで撮影した画像はそのままでも良いですが、これぞと言う1枚は編集して印刷して飾ったり、友達や親類の人に見せても楽しいです。

デジタルカメラを購入した時の付属ソフトを使う。

カメラを購入すると写真を取り込んだり、一覧で見たり、いろいろな指定で印刷できるソフトがついてきます。
あるいはダウンロードできます。昔はおまけ程度のものでしたが、現在は高性能になって十分使えます。
市販で売られているソフトの機能限定版であることもあり、もっと深く使いたい場合はバージョンアップするなどの事が出来ます。

無料の画像編集ソフトを使う。

GINPロゴ写真の色味をきちっと変える。画像ファイルの形式を変える。画像の解像度などしっかり決める。画像の一部だけ色を変える等 その写真を他の文章貼り込む用途やホームページにアップするホームページの素材として使うするなどの場合はある程度本格的な画像編集・変換ソフトが必要です。無料でも高性能なものがあります。

1つ紹介するとGINPというソフトがあります。使い方は最初は少し戸惑いますが、画像をきちっと変換できます。
誰でもが、一度は挑戦したい人物を切り取って背景を入れ替える等の作業ができます。書店でも使い方の解説本が豊富なのも有り難いです。GINPで画像編集(フォトレタッチ)の楽しさを知る人も多いです。

市販の高性能な画像編集ソフトを使う

フォトレタッチソフト本格的にフォトレタッチを行う。自分の撮った写真を冊子、ホームページ、プレゼンテーションなど様々な形で使いたいときは、市販の画像編集ソフトを使うのも良いでしょう。 市販のソフトも様々なものがあります。2つ紹介します。1つはPhotoShopです。これは昔からあるソフトでプロの方も使っていると思います。廉価版のPhotoShop LEというバージョンもあります。もう一つは PaintShopというソフトです。名前が似ていますが別のソフトです。

写真をRAW形式で撮影する

RAW現像ソフトある程度高性能なカメラでないとこのRAW形式では撮影できないのですが、一眼レフのカメラならばほとんどのカメラが保存できます。一般にカメラはJPEGという形式で保存されています。しかしJPEGは写真情報をある程度圧縮して保存してあるため写真情報の一部が削られています。それをさらに編集すると画質が落ちることになったり、編集する色味の範囲が限定されたりしてしまいます。

そこで写真の情報をすべて含んだRAW(生のデータという意味)で保存して画像編集すれば、画質が落ちることなく、また色味の範囲も幅広い範囲で変えることができます。
一度始めるとたのしく止まらなくなります。 RAW編集ソフト(現像ソフトとも言います)もカメラに付属しているものから、無料ソフトもあります。
無料ソフトを1つ紹介しておきます。「RawTherapee」というソフトです。メーカーを問わずRAW画像を扱える多機能なRAW現像ソフト です。 またphotoshopは標準でこのRAWに対応しています。LE版は対応していません。

やって見ると楽しい写真編集ですが、それ以前にデジカメの写真を保存する方法、整理する方法、パソコンに無料のソフトを取り込む方法、基本的な画像編集ソフトの使い方 等に不安になっている方もいるのではないでしょうか。

動画編集の仕方

ビデオカメラで撮影した動画はとても楽しいです。しかし不要な場面があったり、間の長い場面があったりなどの不必要な場面があったりします。
音楽やテロップを入れてわかりやすく楽しくしたい事もあります。
動画編集はそれ自体も楽しいですが、編集したものを作品として作ると見る方も楽しいです。

動画編集にはある程度高性能なパソコンを使う(重要)

パソコン基板動画編集は写真編集に比べてとても高い処理能力を必要とします。動画とは1秒間に24枚の写真を順番に表示して動いているように見せる技術なので、動画編集とはとんでもない数の写真を1枚1枚処理して順番に見せる作業です。

CPU:これは性能が高い(クロック数GHzの数)方が良いです

Core i5と呼ばれている以上が良いと思います。またクアッドコアと呼ばれて4つの処理が同時にできるとなおスムーズです。

メモリー:多い方が良いです

32ビットOSなら3Gバイト 64ビットOSなら4Gバイト以上8Gバイト16Gバイトでも良いかもしれません。現在はほとんどが64ビットOSになりました。

グラフィックボード:3D(3次元画像・立体画像)処理を行うのには必須なボードです

画像処理を受け持つボードです。
画像編集は2D(2次元画像・変面画像)ですがレンダリングという動画の形式を変更するときに処理を受け持って速く終わる事が出来るようになります。

外付けハードディスクドライブ:USB3.0のもの

パソコン内部のハードディスクドライブで処理をすると速いのですが、動画編集は常に高速にハードディスクドライブが動き、酷使される状況なので、外付けハードディスクドライブがお勧めです。
USB3.0の機種にパソコンが対応しているならUSB3.0の対応のハードディスクドライブの方がデーターの転送速度が速く結果として処理がスムーズになります。
用途がちがうのですが、高性能なパソコンゲームができるゲームパソコンは動画編集にも向いています。

ビデオカメラ購入時の付属の動画編集ソフトを使ってみる

ビデオカメラを購入すると最低限必要な動画編集ソフトがついてきます。簡単に動画を取り込んで、動画の1部分を切り取って、つなぎ合わせてDVDやBD(ブルーレイディスク)を作ることができます。
また市販ソフトの機能限定版などが付属しているのものあります。ソフトは使い慣れた物が便利になるので、自分で使って使いやすいかどうか確認します。

私の経験では当たりと外れが大きいように思いました。

無料のビデオ編集ソフトを使って見る

ムービーメーカーWindowsパソコンなら ムービーメーカー 、Macなら iMovie など標準と思われる動画編集ソフトがあります。
こちらを使うことをお勧めします。理由は動画の保存形式はたくさんあります。

結婚式のビデオを頼まれて自分の使いやすいソフトで編集して最高の画質で作ったとしても自分の家で見るだけなら良いのですが、結婚式場のパソコンで再生するときにパソコンやDVDプレイヤーが対応してなければ再生できないことがあります。どのパソコンでも再生できるためには標準の形式が便利です。
特にまだ動画編集に不安のある人はこのどちらかで作成することをお勧めします。
また標準でYouTobe へのアップロード機能もついています。

市販のビデオ編集ソフトを使って見る

高性能動画編集ソフト
ある程度動画編集になれてくると、あれもしたいこれもしたい、もっと高画質で出力したい。など様々な要求が出てきます。
また動画の種類にも理解が深まり互換性も思慮したDVDやBDが作れるようになります。
3つほど紹介します。

VideoStudio Pro X7 :昔からあるソフトでビデオキャプチャーボードの付属だったのでこのソフトでビデオ編集を始めました。
Adobe Premiere Elements 13 :AdobeのphotoshopLEとセットで使いました。
PowerDVD Ultra:スマートレンダリングを最初に取り入れたソフトで、DVDドライブを購入するとセット付属します。

EDIUS Neo 3.5:以前それほど性能の高くないパソコンでも編集の操作がスムーズできました。

現在はどれを使っても十分な機能で作成できます。パソコンの性能を使い切るように設計さているので、パソコンの性能が高ければ十分な結果を出すことができます。

高性能ビデオ編集ソフトを使って見る

ビデオカメラの性能が上がり画素数も2K(フルスペックテレビの2倍の解像度)や4K(フルスペックテレビの4倍の解像度)になってきたり、一眼レフでの撮影した動画を編集する。 画像、動画、音声、バックグラウンドミュージック、テロップ、3D動画 等を駆使して動画を作ろうとすると高性能なビデオ編集ソフトが必要になります。
2つほど紹介します。

EDIUS Pro 7 と Adobe Premiere Pro などです。どちらも高性能でやりたいことができます。ここまで使う人は自分で映像をクリエイトしコントロールできるような人ではないでしょうか。

やって見ると楽しい動画編集ですが、それ以前に「ビデオカメラの動画を取り込んで保存する方法」「整理する方法」「基本的な動画編集ソフトの使い方」等に不安になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事