店舗用ホームページを作りたい

飲食店や商店の紹介も今はホームページが大きな役割を果たしています。

どんな料理が食べたいか、どんな物を買いたいか、以前は直接お店に行ってそのお店で実際に店舗の様子や商品を見て、味を確かめました。そして実際に行った人の口コミで店の評判が広がりました。現在ではホームページでまず確認します。ホームページの写真や記事でその店の印象を持ちます。ホームページの印象で行って見ようと決める人もいるようです。私は実際に訪れて現物を見た方が良いと思うのですが、時代は変わってしまいました。また様々な物がネット通販で売られる時代になりました。現在では店舗用のホームページはますます宣伝効果としての役割が大きくなってきました。

店舗用ホームページは見た目の印象がお店の印象となることがあります。

昔からの看板、ロゴ、店のカラー等同じくしたホームページの色、その店の内容や知ってもらい、その店の雰囲気が出るようなホームページがあると安心です。ホームページを「電子チラシ」と評する人もいます。一目見てそのお店の雰囲気をアピールできることが必要です。自分のお店の看板ともに一番最初の宣伝の場です。第一印象を決定づけます。思わず行って見たくなるようなページに出くわすと嬉しくなります。



Web
ホームページサンプル

写真や動画を使って見せる

商品の写真はとても大事です。写真の撮り方1つで見映えが良くなり購買意欲が上がります。せっかくの良い商品を正しく知ってもらうためにも写真にはこだわりたいところです。写真と同じくわかりやすい紹介方法として動画があります。使い方や製作過程など短い動画で紹介するのも効果的です。テレビ通販ではありませんが、やはりその商品や説明や使い方を動画で見ると、とてもわかりやすいです。以前はインターネットで動画を再生させるのは、非常にホームページが重くなる等の理由で敬遠されてましたが、現在ではインターネットの通信速度が上がり簡単に動画紹介ができるようになってきました。技術の進歩は素晴らしいです。利用したいものです。

刺身の写真

キャンペーンや催し物、新製品の案内がすぐに反映されます。

新商品の紹介がすぐに更新できます。キャンペーン情報などもすぐに更新できます。またユーザー登録をしてもらうなどのことから、お客様に最新の情報を届ける等のことができます。お店から届く最新情報はお客様にもメリットのあるものです。お店とお客様の双方向のコミュニケーションの道具として機能します。



ヤワタ企画ではこの様にホームページを作成します

基本はお客様としっかり打ち合わせを行い、説明をして納得されてから作成します。 店舗のホームページに限りませんが、作って終わりではありません。その後にさまざまな情報を更新する必要があります。新商品のためにホームページのレイアウトを変える必要も出てくる場合があります。納得して作成することはとても大事にしたいところです。更新の方法がわかりやすいことも大切です。

  • ホームページのアドレス(ドメイン住所のこと)とホームページに伴うメールアドレスは早急に発行できます。
  • ホームページに伴うメールアドレスは携帯にも転送できます。
  • ホームページはお店のパソコンでも自宅のパソコンでも更新できます。
  • 基本色、形、配列、デザインはいろいろと変えることが出来ます。
  • お客様が用意された写真やイラスト、文章を取り込んで作成します。
  • 背景などは著作権フリーの写真を使うことも可能です。
  • 写真撮影やロゴのデザインも可能です。(デザイン・撮影は有料です)
  • 納品後お客様ご自身で文章や写真を差し替えたり、追加したりできることができます。
  • 納品時ホームページの更新の解説をいたします。メールアドレスの設定も行います。
  • 納品後1ヶ月は無料で使い方や更新のサポートを行います。
  • 1ヶ月以後のサポートは有料です。月額500円 月額9000円 月額30000円以上の3コースがあります。

お店の特色を生かした。ホームページをお作りしますトップページ15000円 その他のページ10000円より作成します。

ホームページ制作

個人用・サークル、団体用・店舗用・事業者用のホームページを作成します。

ホームページ作成には団体、店舗の紹介の写真撮影が欠かせません。また最近では活動内容や商品を動画で紹介すことも多いです。新規店舗のパソコンやインターネットの導入も必要です。「ホームページ作成」 「写真撮影」 「動画制作」 「パソコン設定」 ヤワタ企画は映像とコンピューターのすべてに対応できる強みがあります。「無料ホームページ」から「月々サポートのホームページ」まで、ホームページのご相談はヤワタ企画にお問合せください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事