ヤワタ企画ブログサイト

ビデオ撮影、編集、パソコン修理調整、ホームページ関するブログを紹介しています。

顔をきれいにするのが得意なフォトレタッチソフト Luminar4

顔をきれいにするのが得意なフォトレタッチソフト Luminar4

写真を撮っていく、写真を加工したくなります。一番したいのが写真を明るくしたいという希望が多いのではないでしょうか、室内写真は特に明るくするだけで見栄えが変わってきます。子供や女性の顔は明るくすると良い良い感じになります。また邪魔なものが映ったので、トリミングしたい。色味を変えてかっこよくした。影の部分だけ明るくしたい。ハイライトの部分だけ少し暗くしたい、等いろいろやりたいことが出てきます。

RAW撮影・RAW現像の勧め

写真を後から加工したいときは撮影の保存形式をRAW形式で保存しておくと、画像が荒れないで加工できます。実は普通に保存されるJPEG形式はカメラ内ででカメラが設定した内容で現像が終わった状態です。もちろんきれいなのですが、明るくしたり、色味を変えようとするとその情報を持っていないのでどうしてもきれいになりません。RAW形式の保存は取り込んだ写真の情報をすべて持っているので、あとから明るさや色味を変えても画像に破綻が生じません。以前はRAW形式の保存はファイルが大きくなるので、保存枚数が減る、パソコンでの表示が遅い重い等の理由で、ためらう部分もありましたが、今ではパソコンの性能やSDカードの容量も増えてきたので、とがるになりました。RAWで撮影するときは少し暗い写真の方が情報が多く残るようです。白飛びするような露出は論外(白飛びした部分は画像情報がないので戻せない)ですが、RAW現像は暗部の情報は比較的多く残っています。

カメラメーカー付属のRAW現像ソフトを使ってみ見る

RAW形式で撮影できるカメラを購入すると、RAW現像ができるソフトが付属してきます。インストールCDが付属していることが多いですが、今ではインターネットからダウンロードしてインストールすることも多いようです。

  • 写真の明るさを変える(自分が見て適切な明るさにする)
  • 写真の黒つぶれしているところ戻す(影の明るさを変更する)
  • 写真のハイライト過ぎるところを戻す(ハイライトの部分を変更する)
  • 写真の色味を変更する(ホワイトバランスを変更してオレンジ色味傾向から青色味傾向を変更する、白部分が白くなるように 肌の色が自然になるようにする)
  • 写真をトリミングして不要物をのぞいたり対象物のバランスが良いようにする。
等の操作が基本になります。まだまだ写真をキリっとエッジを強調する。写真を鮮やかにする。写真の解像感を高める。映画のワンシーンののような色味にする。等ができます。

市販のRAw現像ソフトLuminar4を使ってみる。

カメラメーカー付属のRAW現像ソフトでもたいていの事は出来ますが、顔だけ(肌色だけ)きれいにしたい。ほくろやシミを見えなくしたい。目の白部分だけ白くしたいなど、部分調整はなかなか難しいです。一般的には編集した部分にマスクを切って(一部分だけ囲って)編集をします。このソフトはAI機能ということで顔の部分の認識して修正します。顔を認識して小顔にしたり、目の大きさ大きく事ができます。AI機能と言ってみますが、今ではスマホのアプリでもこれができるようです。 AI機能で空を認識して昼空を夜空に一発で変換可能です。今はスマホで撮った写真も加工するのも普通になってみました。パソコン写真も現像すると楽しいです。

高性能なソフトですが少し動作が重く感じられます。体験版でご自身で動作を確かめることをお勧めします。

Facebookからのコメント

関心のある記事

格安で親身にホームページを作成します

格安で親身にホームページを作成します

ホームページ作成の必要性 ブログやフェイスブックなど、自分のことや趣味を紹介して発信している人は多いと思います。自分の発信した情報を多くの人が見て、共感して意見や感想がもらえるのはとても楽しいです。 店舗の経営者の方の中で以前からホームペー...
Return Top