ヤワタ企画ブログサイト

ビデオ撮影、編集、パソコン修理調整、ホームページ関するブログを紹介しています。

ホームページ作成

ホームページ作成

作りたいホームページはどのようなものですか

どんな目的でどのようなホームページを作りたいか目的を決めましょう。ホームページは大きく分けて、個人用・サークル用と事業所用・会社用があります。費用も無料から月々の契約して更新をしてもらう等様々です。

ホームページの説明

ホームページは情報発信のツールです。
ビジネス用 事業所用(個人商店用) 趣味用など 目的に合わせて内容や形を作ります。
作り手の意志が伝わるためには十分な打ち合わせが必要です。

  • ビジネス用…基本の作りを大事にして、落ち着いた信頼されるホームページが多いです。
  • 店舗用…写真や商品をきれいに魅力的に見せる工夫が必要です。特にトップページにはお店の個性が出るようなホームページが多いです。
  • 趣味やサークル・一時的なイベントのホームページ用…自分の好みで様々な作り方が可能です。ページを開くと音楽が流れたり、動画が流れたり、FacebookやTwitter等の連携も取り入れたホームページが多いです。
ホームページサンプル

店舗ホームページの例

企業ホームページの例

無料で作れるホームページはありますか

jindo2

パソコンとインターネットの詳しい知識があれば、無料でホームページを作ることができます。有名な物では「Jimdo」や「Wix」と呼ばれるサービスがあります。 作成したホームページに広告が入る事で無料になります。お金を払うと広告が外されてより充実したサービスが提供されます。実際に趣味のサークルや個人のページ、少ないようですが店舗や仕事で使っている人もいるようです。

ヤワタ企画ではJimdoやWixなどの無料ホームページの作成アドバイスも行います。やって見て難しいと感じたら、連絡してください。初期ページづくりをサポートします。

しかし実際に作成しようとするとすべてインターネットで行うため一切、人が介在しません。操作方法は自分で調べて理解してすべての設定を行います。わからなくなってもサポートは電話とメールのみとなります。レイアウトが決まっているので、自由な構成ができにくいです。少しでもレイアウトを変えようとしてもなかなかできません。ホームページを作る事が楽しい方や近くにパソコンに詳しい人がいて、「いつでも聞ける環境にある」等の時には良いかもしれません。

ヤワタ企画のホームページの特徴

  • 基本はお客様としっかり打ち合わせを行い、説明をして納得されてから作成します。
  • ホームページのアドレス(ドメイン住所のこと)とホームページにともなうメールアドレスは早急に発行できます。
  • ホームページにともなうメールアドレスは携帯にも転送できます。
  • ホームページはインターネットに繋がっているパソコンのどこからでも更新できます。
  • 基本色、形、配列、デザインはいろいろと変えることが出来ます。
  • お客様が用意された写真やイラスト、文章を取り込んで作成します。
  • 背景などは著作権フリーの写真を使うことも可能です。
  • 写真撮影やロゴのデザインも可能です。(デザイン・撮影は有料です)
  • 納品後お客様ご自身で文章や写真を差し替えたり、追加したりできることができます。
  • 納品時ホームページの更新の解説をいたします。メールアドレスの設定も行います。
  • 納品後1ヶ月は無料で使い方や更新のサポートを行います。
  • 1ヶ月以後のサポートは有料です。月額500円 月額9000円 月額30000円以上の3コースがあります。

ホームページを作るにあたって必要な情報

ホームページタイトル(作成会社名) とても大事です。みなさんに知ってもらう第一歩です
載せたい内容 どのようなコンテンツ(写真・動画・イラスト・文章)を載せるか
使いたい内容(ツイッター、フェイスブック、地図、スライダーなど) 最近は画面の一部が動くように作り、注目してもらう方法の一つになっています。
ホームページの構成(メニュー項目) メニューを作らないで1ページで全部を見せる方法もあります。
(ランデングページ)
ドメイン インターネット上の住所の名前です。
人気のある物や汎用のものは使えない事もあります。
初期パスワード
メールアドレス
ホームページの作成内容は多岐にわたります。詳しい人に相談すると良いと思います。

Facebookからのコメント

関心のある記事

EDIUS編集画面

ビデオ編集は楽になりました。

今のビデオ編集は本当に楽になりました。 大昔の大変さ 8mmビデオテープをVHSに編集して取り込むのは至難の業でした。高価な編集機があれば良いのですが、ないときは取り込みたいと所を8mm側で再生し、同じタイミングでVHS側の録画ボタンを押し...
Return Top