ヤワタ企画ブログサイト

ビデオ撮影、編集、パソコン修理調整、ホームページ関するブログを紹介しています。

写真と映像の整理をしたい。安全に保管する方法

写真と映像の整理をしたい。安全に保管する方法

写真と映像を整理したい

デジタルカメラやデジタルビデオのおかげで写真やビデオは手軽にきれいに撮れるようになりました。撮ったままで、カメラの中に保存したままになっている写真やビデオをが増えてしまいます。あるいはパソコンの中に取り込んだままになっている事が多いです。パソコンは壊れない方が良いのですが、残念ながら壊れることもあります。壊れたら今までの思い出が一瞬にして無くなってしまいます。そんな時のためにも整理して保存しておくと安心ですデーターは2箇所に保存されていることが重要です。

日付順にDVDやBD(ブルーレイディスク)などに保存する

  • ホルダーは日付にする。(ついつい名前を行事やイベントの名前にしたくなりますが、"2015.02.19"等の日付のフォルダーで保存すると後で見つけやすくなります。)
  • 1ヶ月単位で、その月に撮影した写真やビデオを保存する。"2015年2月データ(その1)"などと名前をつけてDVDやBDに保存する。
  • 日付順に保存できるバインダーや市販のDVDが保存できる。ブック型のホルダーに保存する。
  • 必要に応じてパソコンに書き戻して編集する。
  • 時間のあるときにDVDやBDをコピーしてバックアップのバックアップをとっておく

実は写真も映像も文章も形式を問わなければ(データーという意味ではすべておなじです)ひとまとめに保存することができます。WindowsやMacの標準機能でCDやDVDに保存できます。

DVDに保存

いろいろ試しましたが日付で保存するが私の1番お勧めです。

外付けハードディスクドライブに保存する

現在は外付けハードディスクドライブも容量が多くなり、家庭の写真やビデオを保存するのに十分な量があります。DVDやBDに保存するのは少し手間と時間がかかりますが、ハードディスクドライブならすぐに書き込みが終わりバックアップが楽にできます。しかしすべてのバックアップに言えることですが、完全ではありません。故障や衝撃などでデーターが、データーが読み出せなくなったときには被害は甚大です。容量が大きいので3年分5年分の写真やビデオが消えることもあるかも知れません。DVDやBDは容量が少ないぶんだけ被害は量的には少ないです。(読めなくなったデーターがとても貴重であることに変わりはありませんが)

2つに保存 ハードディスクドライブ

インターネット上(クラウド)に保存する

今ではデーターをインターネットでアップロードして保存しておけるサービスが、充実して来ました。スマートホンや自宅でインターネット環境があればすぐにアップして保存ができて、別のパソコンからも見ることが出来るのでとても便利です。ほとんどが信頼できるセキュリティ対策やバックアップを施してあるのでデーターが消えることはほとんどありません。以前から考えると素晴らしい時代になりました。無料でも十分な保存量がありますが、規定の保存量を超えると有料になるサービスが多いです。

クラウドに保存

代表的なクラウドの保存先

  • Dropbox(無料プラン容量:2GB)
  • Hive(容量無制限:無料! ほんと?)
  • OneDrive(マイクロソフト純正?クラウド)
  • iCloud(アップル純正?クラウド)
  • Yahoo!ボックス(YAHOO純正?クラウド)
  • Google ドライブ(google純正?クラウド)

など他にもたくさんあります。

昔の印画紙の写真はスキャナーで読み取っておく

スキャナーで保存 最近はデジタルカメラになりましたが、以前フイルムカメラで撮影して印画紙にプリントた写真もたくさんあることと思います。その様な写真はスキャナーで取り込みデジタル写真に変換しておきます。なるべく解像度を上げて保存します。 アルバムに貼ってある写真は、無理やりはがすと傷むことがあるので、そのままA4のスキャナーで取り込んでしまうか、水平において全体を写真に撮ってしまいます(映り込みやゆがみが出ることがあるので少しテクニックが必要ですが)枚数がたくさんある場合は、連続して読み取りができるスキャナーが便利です。一度読み取ってしまえばそれほどスキャナーは使わないという方はコピー機で読み取る事が出来ます。最近のデジタルコピー機はパソコンにつないでパソコンから設定をすることで読み取る事が出来ます。また写真屋さんやコンビニでも読み取りのサービスをしてくれる所もあります。一旦読み取ってデーターは普通の写真と変わらないのでDVDかハードディスクドライブかクラウドにバックアップします。

写真や文章は印刷しておこう

アルバムを見るデジタルカメラになってから写真をプリントしてアルバムに貼らなくなった時期がありました最近は写真をプリントしてアルバムとして保存することが見なおされています。「見たいときにすぐ見られる」「皆で見られる」「持ち運び自由で職場や飲み会の席?にも持って行ける」印刷して冊子になったアルバムはとても可視性があがります(見やすいです)。またバックアップにもなります。最近はプリンターを購入しない人も多いようですが、1台あるとすぐにアルバムができてます。少し上質な写真用の用紙に印刷してA4のファイルにとじ込んでおくとすぐに見ることができて便利です。windowsの標準機能でもA4用紙1枚の中に写真を6枚、8枚とレイアウトして印刷してくれる機能があります。プリンターがない場合でもプリントは可能です。カメラ屋さんの前には自分でプリントアウトできる機械が設置されています。「たまにしか印刷しない」「すぐに見たい」「旅行に行った人たちに写真をプレゼントするために多量に印刷する」などの時はとても便利です。余談ですが、プリンターのインク代もう少し安くなってくれると嬉しいのですが。

ビデオや写真は編集しておこう

子どものサッカービデオは容量が大きいのでバックアップされていれば一安心です。そのままでも良いのですが、後で見たとき編集していないビデオを見るのは大変です(苦痛ですらあります)。やはり見たい場所にチャプター(めやすの位置)がついていてすぐに見たい場所が見られたり、そのときのコメントが載っていたりすると楽しいです。また音楽を載せるだけでビデオは別の輝きがでます。少し手間をかけて編集し、見違えるようにカッコ良くなった映像を家族や仲間に見せて、驚きを持って見てもらったときの嬉しさは格別です。最初のうちは写真のスライドショーから作ると操作に慣れてきます。いつものリビングのテレビに家族の写真が次々にテンポ良くBGM付きで映し出されるのはとても楽しいです。親類の方にプレゼントしても喜ばれます。これもWINDOWSで無料のダウンロード(ムービーメーカーを使います。)でできます。この様にすれば家族や仲間との想い出をリビングのテレビで映して楽しめます。すべてのことがWindowsの標準機能でできますが、やはり本当に基本的なことしかできません。編集していくうちに徐々に要求も出てきます。その様な時は有料の機能の豊富なソフトウエアがあります。まずは一度やって見て慣れてきたらステップアップするのも良いです。

写真やビデオを整理してバックアップしておく事はとて大切です。

余談ですが私の兄が子供が産まれ、その子供の写真やビデオを全部ノートパソコンに入れっぱなしでいたら、ある日突然ノートパソコンが壊れ今まで撮った子供の写真が全部消えてしまいました、どうにかならないかと途方にくれていました。 個人のデーターほど大事なものはありません。

データーの整理、バックアップの仕方、編集ソフトの使い方などはヤワタ企画 までお問い合わせ下さい。

Facebookからのコメント

関心のある記事

windows10ビデオeditor

window10付属のフォト・ビデオエディターで注意すること

window10付属のフォトは標準のビューワーなので、多くの人が当たり前のように使っていると思います。実はフォトはビデオも再生することができます。こちらも便利で使っていると思います。 気が付きにくいですが、ビデオを再生するだけでなく。ビデオ...
Return Top