ホームページ作成

独自ドメインのメールと独自ドメインのホームページを持つには、ドメインを取得してプロバイダー契約を行います。少なからず費用がかかります。ドメインはともかくプロバイダーの費用はやはり少ないことに越したことはありません。
今回はたぶん一番費用の少ないであろうと思われる方法を紹介いたします。

ステップ1

ムームードメインhttps://muumuu-domain.com/でドメインを取得する。

mu-mu-top

ドメインを取得出来るところはたくさんありますが、ムームードメインは比較的費用が安く、取得したドメインを使用できるメールサービスがあります。
実際にyawataでドメインが取れるか見てみます。
残念ながら人気の.com や.jpはどなたかに取得されているようです。
ご自分のお好きなドメインを選びます。

yawata

ステップ2

次にムームーメールを設定します。

月額50円で独自ドメインでのメールを設定出来ます。
個人事業や商店では社名、店名を連想させるドメインでのメールは信頼感と安心感を生みます。

mu-mu-mail

ステップ3

Xドメイン https://www.xdomain.ne.jp/ でHTMLサーバーを使うために無料登録を行います。

キャプチャ

Xドメインの無料サービスはwordpressのホームページも作成出来ますが、ホームページに広告がオーバーラップして入ります。それほど大きくは入らないので気にならない方はWordpressのインストールも自動でできます。とても簡単です。HTMLのホームページは広告が入らないのでお勧めです。(Xドメインに感謝です)容量は1Gバイトですので、普通の用途なら大丈夫です。

キャプチャ2

ステップ4

ムームードメインで取得したドメインをXドメインに、設定します。

これでhttps://www.○○○.com/で空白のページが開きます。設定が反映されるまで少し時間がかかります。
3ヶ月利用が無いと広告が入るようなので、注意しましょう。

ステップ5

ホームページ作成ソフト、やBootstrapなどを使ってホームページを作成します。

HTMLとCSSで作られた静的ホームページになります。この様なサイトを作成するにはホームページビルダーやBindなどの市販のソフトも便利です。どのソフトも性能が良く簡単に見映えの良い機能的なホームページが作成できます。

ho-mupe-jibiluder
bind

ステップ6

FTPソフトを使って作成したホームページの内容をXドメインのサーバーに転送します。これでホームページの完成です。

ホームページルダー、Bindなど市販のホームページ作成ソフトには専用のサーバーが紹介されていますが、それぞれ費用がかかります。はじめにここで紹介した。Xドメインの無料サーバーを使って見るのも良いかと思います。
もし容量などの不都合が目立ってきてサーバーの移行しても、ドメインをとってあるので、ホームページを見る側の人にとっては全く同じアドレスで見ることが出来ます。見る側の人はサーバーの移行に気づきません。サーバーの引越もWordpressの引越に比べれば格段に簡単です。どうでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事